法律におけるグレーゾーンと言われている事項について

法律 グレーゾーン

法律 グレーゾーンについて

法律におけるグレーゾーンと言われている事項について

グレーゾーンは、グレーの色が表現するように白とも言えず黒とも言えないとするゾーンのことを言います。
つまり法律による場合、違法であるとも違法ではないとも言える定かではないゾーンのことです。
グレーゾーンといえば、かつて存在した消費者金融での利息制限法の利率と出資法の利率の間の金利を一般的に指すことも多かったです。
ただ現在ではそれについては、裁判所の判決において解決しており、白と黒との線引きがなされるに至った経緯があります。
他には売春禁止法とソープランドが管理売春に当たるかやパチンコ店の換金行為自体をグレーゾーンとする指摘されています。
そういったゾーンがある目的については、法解釈は時代の流れと共に変化することもあり、法律の解釈の幅に弾力性を持たせることで対応できるためです。
出来れば白黒をはっきり明白化させることが望ましいが、当事者の自由意志の尊重の側面からもそういったゾーンを敢えて設けているケースがあります。
ただ将来的には、そういったゾーンの捉え方自体も変化していき、幅が狭まったり広がったりする可能性も十分、あり得ます。

免許取得でおすすめ
豊富な車種の免許取得が可能

イルミネーションによる美しい演出

害虫の被害に悩んでいませんか?

勉強の悩みは個別指導の
サクセスにお任せください

法律 グレーゾーン関連情報

法律におけるグレーゾーンの定義や扱いについて

法律はその運用において弾力性を持たせた方が法の適用者に対して有利であるものと考えられる場合、適用対象

グレーゾーン金利と貸金業法について

今は既になくなっていますが、かつて消費者金融ではグレーゾーン金利と呼ばれるものがありました。

2つの法律の存在とグレーゾーン金利の発生

法律は遵守されるべきものであり、違反すると罰則を受けるのが一般的です。
しかし、長い歴史の中で

最新の法律 グレーゾーン